スポンサードリンク

黒酢の飲み方

スポンサードリンク
黒酢は数あるお酢の中でもクエン酸やアミノ酸を豊富に含んでいることで、非常に人気のある調味料(食品)となっています。調味料としての利用はもちろんのこと、黒酢を飲むといった、ある種の健康食品として楽しむ方も相当数いるようです。調味料では少量の摂取しかできませんが、ドリンクとして飲むのであればはるかに多量の黒酢を摂取することができるでしょう。ただし、黒酢は健康によいといってもただ飲めばよいと言うものではありません。その飲み方には作法やルールがあります。これを守らないとかえって健康を害することにもなりかねませんので注意が必要です。黒酢のの正しいに見方を知り、本当に健康に役立つようにしましょう。

黒酢の正しい飲み方

黒酢は1日に大さじで1~2杯を目安に、30ミリリットル程度までにするようにしましょう。また、黒酢を原液のまま飲むのは絶対にやらないで下さい。黒酢はクエン酸やアミノ酸がたっぷり含まれており体にいいことで有名ですが、酢には違いないので、酸性の刺激が強いという特徴があります。必ず水やジュース、牛乳などで割って、薄めてから飲むようにして下さい。
同じく、黒酢は酸性の刺激が強いですから、空腹時は避けて、特に胃酸が出過ぎる人は胃酸過多にならないためにも、黒酢の飲み方に工夫が必要です。
また、お酢には身体を冷やす作用がありますので、冷え性の人はお酢を飲みすぎると体調を崩してしまうことがあります。飲み過ぎに注意しましょう。

効果を期待しすぎるのは禁物

黒酢は食品で薬ではありません、健康によい成分が豊富だといっても即効性を期待できるものではありません。あまりに過剰な期待をするのは無理があります。黒酢が気の毒ですね。また、黒酢だけを飲んだからといって健康が保たれるわけではありません。基本はバランスの取れた食生活ですから、黒酢は栄養素を補助する健康食品として上手に取り入れていくのが望ましいでしょう。

黒酢のサプリメントを利用する

最近では健康ブームとともにサプリメントもブームと呼べるほど人気が出てきているようです。黒酢も例外ではなく、黒酢サプリメントとして商品化されています。
サプリメントとして販売されている黒酢は、液状ではなくソフトカプセルに包まれたものなど、飲みやすさ・携帯のしやすさが特徴となっています。有名なところでは「えがおの黒酢」や「やずやの黒酢」といった商品が、テレビコマーシャルなどでお馴染みですね。これらを利用することで、黒酢が更に身近なものになることは間違いないでしょう。

スポンサードリンク

Comments are closed.