スポンサードリンク

動脈硬化予防効果

スポンサードリンク
動脈硬化とは生活習慣病の一つとされ、コレステロールや中性脂肪などが動脈にたまって、詰まりを起こしたり、硬くなったりして弾力性や柔軟性を失った状態をいいます。動脈硬化になると、血液がスムーズに流れなくなってしまいます。

動脈が健康で、弾力性や柔軟性に富んでいれば、心臓や脳などの臓器や筋肉などの組織に必要な酸素や栄養の供給がスムーズに行われるのですが、コレステロールなど血液の脂質が動脈にたまったり、高血圧により常に血管に負担がかかった状態が長期にわたって続くと、動脈は弾力性を失い、硬くもろくなってしまいます。このような状態を動脈硬化になっているというのです。

動脈硬化が進行すると、心疾患(狭心症、心筋梗塞など)や脳血管疾患(脳梗塞、脳出血など)を引き起こす恐れが高まります。

黒酢で動脈硬化予防

黒酢に含まれている必須アミノ酸「アラニン」という成分は脂肪を燃焼し、コレステロール値や中性脂肪値を下げ、血液をサラサラにする作用があります。

またクエン酸などの有機酸には血液の循環を改善し、血液が流れやすくする作用があります。つまり、血液をサラサラにする効果に優れているということなのです。

実際に心臓疾患と糖尿病を持つ患者さんに黒酢を毎日20ml飲んでもらう実験をしたところ、総コレステロール値や中性脂肪値が下がり正常値に近づいたという結果が出ています。

スポンサードリンク

Comments are closed.